風俗業者(デリヘル等)を利用しました


 これは、自分の実体験に基づく話となります。数年前の話となりますが、私は東京都新宿区の大久保地区でデリヘル業者を利用してコンパニオンと遊んだ事が在ります。私の場合、風俗で遊ぶのが好きですが、特に巨乳系の風俗嬢ないしコンパニオンと遊ぶのが大好きです。

 巨乳ですが、男性を癒してくれるのでとにかく病み付きになります。また、東京の風俗業者ですが、質が高いのが何よりの魅力となっています。大久保ですが、厳密に言うと新宿区に含まれており、新宿エリアの風俗となります。

 新宿エリアの風俗ですが、特に質が高いのが魅力的です。コンパニオンはプロ意識が非常に強く、風俗業界では店舗スタッフは業者との関係では雇用関係となりますが、コンパニオンは委任と請負の複合契約となっています(委任とは、受任した人が自己の自由意志に基づいて業務を遂行するタイプであり、請負は仕事の完成を条件とした契約です)。

 風俗嬢ですが、高い報酬を得ている人は間違いなく客人から高評価を受けています。バイト感覚で仕事をできますし、バイトとは広い意味では「働く」事となっています。因みに、アルバイトですが、これはドイツ語の「アルバイテン」(働くという意味)に由来したものとなっています。

 風俗嬢ですが、基本的に「自由に働ける」という事でスケジュール申請を行うのも自由なので、委任的な色彩を帯びているそうです。ただ、働く事が決定した日に、店側から指名された場合や客人から直接指名を受けた場合、請負の色彩を帯びた契約関係となります。請負契約の色彩を帯びている場合、風俗嬢は真剣になって仕事に取り組まなければ報酬支払い者である業者からもクレームを受ける事になるので、稼ぎたい風俗嬢は男性が気持ち良いと思う部位を研究するといいま
参考:風俗嬢になると自由と、彼女たちに対する「同情」

 因みに、自分が遊んだ大久保の業者ですが、新宿エリアというだけあってか期待していた以上にサービスが濃厚でした。コンパニオンは背が高く豊満で、巨乳の女性で自分好みでした。接客マナーは非常に良くて好印象であり、遊んだ当日、その人は手を怪我していたそうですが、客人である自分のために痛そうな素振りを見せずに真剣に且つ熱心に奉仕をしてくれました。

 男性の性感帯とされる臀部を躊躇なく舐めてくれて、この行為が特に気持ち良かったです。バスルームで洗体をするときは、ファッションヘルス等で見掛ける専用の椅子が有ったようで、この椅子に座って臀部を執拗に刺激された際はとにかく病み付きになりました。

 今現在、その業者が営業をしているかどうかは定かではありませんが、もし営業をしていた場合はもう一回利用したいと思います。とにかく、新宿エリアの風俗は質が高いので風俗ファンに推薦したいです。

参考:援デリのサービスについて