初心者にはホテヘルを勧めてみる


ホテヘルってなんなの?という人は少なくなってきたとは思いますが、簡単に説明するならデリヘルがホテル限定になった感じのサービスです。
ホテル限定というのは女の子が待機していて自分が女の子を選びに行く場所からすぐ近くにあるラブホテルやビジネスホテル、都会であればレンタルルームといった場所でサービスを受けるというもので、遠方への出張をしないというのが基本路線で、そこがホテヘルの個性でもあります。

ホテヘルでも近所だけではなく遠くのホテルにも出張するという店もありますし、ホテルへの出張は基本としても、デリヘルのように依頼者の自宅にも行きますというホテヘルもあるので、明確な線引は曖昧な感じです。

私が経験したのは自分で出向いて案内所と呼ばれる場所に行き、女の子やコースを選んで近くで女の子と落ち合い、ホテルに向かうというタイプです。
ちなみに、案内所に行かなくてもホームページなどで選んで連絡するだけでも来てくれるというタイプもあります。

案内所があるタイプは場所がわかりにくい場合も多く、私の場合もそうでしたから案内所近くに着いたら連絡して場所の詳細を聞いて、ビルにひっそりと佇んでいる案内所に行きました。
そこでは説明してくれたり分からないことを教えてくれる人がいて、女の子とコースを選び、先払いでお金を払います。
今回は近所のホテルも決めて、ホテル代も込み込みというプランだったので、この場合はもうお金の出し入れをする必要はありません。

その後、指名した女の子と落ち合ってホテルに向かいますが、後は女の子が先導してやってくれます。
ホテルの部屋取り、支払いもすでに先払いしているのですべて女の子がやってくれるので、こちらは後ろについていくだけで楽です。
部屋に着いたら、二人でシャワーを浴びていちゃついたり、シャワーを出たらベッドでいちゃつきます。
内容なんですが、本番以外のほとんどだと思っておけば間違いありません。
この時は女の子に口で気持よくしてもらって、フィニッシュを迎えました。

後はコースの時間が余っているようなら話をしたり、またシャワーを浴びたり風呂に入ったり、そして時間がくるとホテルを出てお別れという流れです。

私が経験した方式以外にも細かい所で違う場合も多いんですが、難しいことはなにもないですし、必要なのは知識ではなくお金だけですから、興味があるという人はまずは勇気を出してチャレンジしてみてください。